小鳥が来たと思ったら

小鳥が来たと思ったら、雪が降りました。

小鳥たちは知っていたのでしょうね。

雪が降って、赤い実が凍ってしまう前に、お腹一杯食べたくて、美味しいうちに食べたくて、必死だったのですね。

私たちも、本格的に冬支度を始めなければ。

20171121050310475.png



スポンサーサイト
22:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

小鳥

今朝、小鳥の大群が近所に来ていました。

冬になると赤い実をつけるナナカマド?の木をめがけて、大きめのから小さめ子まで、いくつかある木を行き来しながら飛び交っていました。

毎年、いく羽か来ているのは知っていましたが、今日のように大群で見たのは初めてでした。

雨で決して天気がいいとは言えませんでしたが、赤い実は丁度熟れていたのでしょうか?

ちなみに、この赤い実と鳥は、よくクリスマスカードの題材にもなっています。

IMG_3132.jpg

IMG_3137 (1)




22:47 | 季節・天気 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フィンランド型の湖

まず、このフィンランドの形をよーーく見て下さい。

c.png
[Wikipedia]

そして...これ!!!
a_20171101044152d3d.png
https://www.instagram.com/p/BaLtTPLjuuM/

b.png
https://www.instagram.com/p/Bagd7F2DMVj/

これはラップランドにある湖のような池のような場所ですが...そう、水部分の形がフィンランドにそっくりなんです!

なんと可愛い湖なのか!是非行かねばと思い、一生懸命場所を探しましたが、なかなか分からない。

職場の先輩に聞くと、クロスカントリースキー用の地図で見たことがあるとのこと。しかし、記憶を頼りにGoogle Earthで確認するも、見つからない。水部分の面積がそれほど大きくないため、Google等の地図では確認出来ないのではと、、。

でも、優しい先輩が更に詳しく調べてくれたおかげで、ついに正体が判明!

どうやら、Ylläs国立公園内にある、人の手で型どった池ようです。(たぶん、もちろん、個人的な趣味ではなく、国と県等の公的機関の意図でしょう。) 名前はNeitokainen。1980年代に作られたそうです。

今まであまり注目を浴びて来なかったらようですが、フィンランドが生誕100周年を迎える今年にはぴったりの場所。紅葉も雪景色もとっても綺麗ですね!

し、しかし、近くに道路らしきものは無いし、冬に行くとなるとクロスカントリースキーで?!遭難しないで帰って来れるようになってからでないと危険かも、、。笑



20:19 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

紅葉と初雪

あっという間に紅葉の時期が過ぎ、やっと晴れたので写真を撮ったら、雪が降り始めてしまいました。笑

というわけで、紅葉と初雪、同時にお送りします。

22538688_10159458082070176_583144615792340459_o.jpg

IMG_3074 (2)

IMG_3066 (3)

IMG_3067 (4)

IMG_3075 (2)

IMG_3113 (2)

IMG_3116 (2)

22814393_10159499698180176_4581927385494464024_n_20171030055309fe5.jpg



IMG_3125 (2)

22769832_10159484527305176_4929691717885179835_o_201710300556221d0.jpg

22861846_10159499405975176_6591081433571531359_o_20171030055624d82.jpg

22861723_10159499406060176_6669496296709366187_o_20171030055739e39.jpg

22:59 | 季節・天気 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

組織改革

職場では今、内部の組織改革が行われようとしています。

今まで完全に別れていた天気予報組とその他の研究職を合体し、中間管理職を減らし、情報共有をもっと円滑にするのが目的です。

それに伴い、局長以外の管理職(部長、課長、グループリーダー等)を総入れ替え。

こういった場合、日本では上司が(勝手に)決めそうなものですが、こちらでは応募式。それぞれの職に条件はあるものの、基本的には職員なら誰でも応募資格があります。つまり、職務年数や経験が少なくても管理職になれる可能性があるし、応募しなければどれだけ職務年数や経験を積んでいても管理職にはなれません。管理職が嫌になったら、このタイミングでまた一職員に戻ることもできますし、続けたければ応募し、面接等を通らなければいけません。もちろん日本のように、上司の退職に伴いグループ内から選ばれ昇格することもありますが、今回は全て応募形式にしたようです。

こうすることで、やる気のある方が管理職をやり、管理職でないからと一職員が無能扱いされることもなく、それなりに良い職場環境が生まれているのかなあと感じました。





21:04 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

教育論

とある日の職場でこんな質問をされました。

『日本や中国など、アジアでは料理や生花なんかにも「正解」と「間違い」があるのでしょう?』

例えば野菜の切り方。日本のレシピには細く何切り、何センチ、と書いてあり、日本人はその通りに切ろうとする。レシビが「正解」であると信じているから。でもヨーロッパのそもそもレシピには「切りましょう」としか書いてなかったり、切り方が書いてあったところで、何センチなどと細かくは書いていなかったり。そして作る人も、切り方が大事だとは思っていなかったりする。野菜をどう切るかは、日本では味の染み込みやすさなどを考慮して計算されたものだと思われていても、ヨーロッパでは見た目の芸術だと思われていたりする。

日本を含め、アジアの教育では、質問や課題に対して絶対的な正解があることが多く、それと少しでも違うと「間違い」と指摘される。数学のように揺るぎない法則があればこそ、国語や社会、強いて言えば芸術においても「正解」と「間違い」があると、生徒が自分で考えられなくなるという難点がある。

対してヨーロッパでは絶対的な正解があることは少なく、生徒の考えを尊重する方針。ただ、この方法では、生徒の考えを尊重しすぎて「正解」に対する信用が薄くなり、指摘されることを嫌がったりするようになる。(数学にまでこれが及ぶと脅威。苦笑)

教えられる側としても、教える側としても、臨機応変に対応できればベストだけども、体の芯まで染み込んでしまっている習慣や考え方を変えるのはなかなか難しい…。

後輩の面倒を見るようになり、教育文化の違いという壁にぶつかり、両親の偉業を感じざる得ない今日この頃です。





20:07 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑