日本より 退職記念式典

日本では、幼稚園から退職まで、4月始まり3月始まり。

フィンランドでは、小学校から高校ぐらいまではきっちり8月始まり5・6月終わりですが、大学以降は崩れてきます。タームはあっても入学は8月と1月、年に2回ありますし、卒業は夏休み期を除いて毎月できます。必要単位を取って、卒論ができ次第各自という感じ。私の場合は学士を6月、修士を12月、博士を2月とバラバラです。笑

日本では普通の事ですが、3月退職もちょっと違和感があります。フィンランドでは誕生日と個人希望や会社の規定によるので、何人もいっぺんに退職することは稀です。

この3月より働き始めた職場でも、やはり今月までで退職される方が何人かおり、記念式典のようなものが催されました。

これまでの功績やありがたいお話を聞きましたが、中でも論文の投稿・掲載時期の競争の激しさや人間関係の難しさを語っていたのが印象的でした。それから、退職祝いに金封筒を渡していたのは、とーっても日本らしいなと思いました。冠婚葬祭で日本ではいつもお金を包みますが、フィンランドやヨーロッパでは、お祝いの際は現金より物をあげる方が主流です。


次は4月で、入社式みたいなものがあるのでしょうか?またこちらもこちらで奇妙な感覚に陥るのでしょう。楽しみです。



スポンサーサイト

13:37 | 日本生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
日本より 生活面 | top | 日本より 仕事を始めて

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/622-3325860a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)