独立100周年

本日、2017年12月6日、フィンランドは独立から100周年を迎えました。

この100周年記念日に向けて、今年はたくさんのイベントがありましたが、昨日今日は町中でフィンランドが一つになるような雰囲気でした。他のイベントでは、ただただ呑んだくれて、どんちゃん騒ぎを楽しんでいるだけの事も多いですが、今日は何かを噛み締めているようでした。

100年前の苦悩、その後の内戦や世界大戦での戦い。

大国に挟まれた小さな国が、世界に羽ばたけるまで、本当の意味での独立を勝ち取るまでには多大な苦労があったことでしょう。

今のフィンランドの若者は、戦争を知らないし、福祉も経済も恵まれた国に生まれ、ぬくぬくとした日々を過ごしています。それでもこの100周年の意味を理解しようとしているし、これが大きな歴史的意味を持っていることをわかっているようでした。

今日は本当に、シベリウスのフィンランディアを聞くと泣ける日です。

そして今年は、フィンランディアだけでなく、フィンランドの国家も聞いてほしいです。





**************************************
以下、イベントの様子など

201712070358220db.jpg
100周年ケーキ(ブルーベリーケーキ、フィンランド気象庁版)。黒く見える部分はブルーベリーです。前日の12月5日、14時に国民全員(!)でコーヒー休憩を催すというイベントにて。ケーキはそれぞれで決めてオッケー。

20171207035835c67.jpg
100周年記念ピン。マグネット式で、服を傷めず使える優れもの。官公庁では職員に配っていましたが、他の人はなかなか手に入れられなかったよう。気象庁で働いてて良かった!

20171207035729f8b.jpg
フィンランドの国旗は、掲げるにあたって時間や場所等規制があります。いつもは当日の朝8時から日の入りまでのみですが、100周年の独立記念日に当たっては、前日(12月5日)の朝8時から当日(12月6日)の22時までとかなり長時間。この記念日の重要さが伺えますね。(大きい国旗も家の中で飾りましたが、規制に沿っていない飾り方をしたので写真は控えます。苦笑)


写真はないけど、他にも…
・前日(12月5日)21時にカラオケバーで、飲みに来てる人全員で合唱。曲は、「Olen Suomalainen」[訳:私はフィンランド人]、「Sininen ja valkoinen」[訳:青と白(フィンランドの国旗の色)]、「Maamme」[訳:私たちの国(フィンランド国家)]
・前日(12月日)21時半からと、当日の22時から花火。
・当日、映画館にて「Tuntematon sotilas」[訳:名の無い兵士] を観ました。若い人からお年寄りまで、色んな人で満席。
・例年通り、Linnanjuhla(大統領官邸にてのレセプションパーティー)の様子をテレビで見る。気象庁の現長官および前期の長官、気候変動の研究分野で有名なMarkku Kulmala教授を発見。
・普段は歌などないLinnanjuhlaで、フィンランディアと、フィンランド語とスウェーデン語の両方での国家を歌っていました。国家が両言語で歌われることは珍しいので、感慨深かったです。それにしても、国家と並んで歌われるフィンランディアって凄い…。




スポンサーサイト

22:23 | イベント | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
卒論と最終試験 | top | 小鳥が来たと思ったら

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/613-2cf6af8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)