忙しい秋を乗り切って…

まちまち更新のブログが全く更新されないブログへと変化してしまいました。ごめんなさい。

もう最近では、気温が下がろうが、雪が降ろうが、日照時間が短くなろうが、大して気にしなくなってしまいました。「あ〜また今年もやってきた。」という感じです。

旅も、散々色々な所へ行っているのですが、次から次へと自分と夫の出張が入れ替わり、忙しいのと合わせて、これまた書く気にならず。

では一体何を書いたら良いのか!迷い子です。笑

しかし結婚して、夫婦で生活して、新たに夫婦共働きについて学ぶ事がありました。

フィンラドは夫婦共働きが基本です。一緒に暮らしている事実婚の方も含めて、妊娠・育児休暇以外は男女関係なく働きます。日本と違ってサービス残業や仕事後の付き合いの飲みなどがほとんどないので、そんなことが可能です。北欧は特にその辺りが優れているので、女の人もバリバリ出張へ出かけます。

私の上司は、夫婦で出張の多い研究者。同僚や先輩にも夫婦で出張の多い家庭は数知れず。私と夫も例外ではないのです。すると、こんな会話が成り立ちます。

出張中で明日帰るAさん・Bさん・Cさん。
A「私のパートナーは明日から出張なの。飛行機の入れ違いで会えないわ!」
B「それは残念ね。私のパートナーは明後日から。明日帰るから、一晩は一緒に居られるわ!」
C「私のは今出張中で、3日後に帰ってくるわ。」

ちなみに私たちはこの秋、最長3週間離れ離れでした。帰った次の日や3日後に相手が出張なんてことも、同時に出張で帰る日、出発日が微妙にズレることも多々。でも、お互いに出張三昧で会えない日が多いカップルは多いようです。

子育て?それには色々工夫しているみたいですが…
・出張の日をずらして面倒を見る。←更に会えない日が増える。
・両親(子供の祖父母)に預かってもらう。←両親も働いていたりするけど。
大変そうです。

それでも、女だからと言って制限されない所が私には合っていると思うのです。しっかり自分のやりたい仕事をして、妻業も子育てもして、お友達と遊んだり着飾ってパーティーに行く時もある。それが「普通」である事。

スポンサーサイト

20:17 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
真っ赤なお鼻の〜トナカイさんの名前 | top | 丘の上から

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/508-37914fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)