バスの空調設備

少し前に、「ヘルシンキ地区交通局は今後バスの空調を常時付けると発表した」という記事がありました。

これで、日差しが照りつけていても空気が籠っていても、帰り道が快適になる!それに、冬になっても、暖房がついてない事を「冷凍物が解けないから良い」なんて無理してポジティブに考える必要もなくなる!そう、幸せな日々を夢見ていましたが、現実はそう甘くありませんでした。

今日はとても寒い日でした。朝の気温は5度、帰宅時の気温は14度。日本の冬の気温でしょうか。朝のバスの中では暖房がついていました。そうですね、もう空調も冷房から暖房へ切り替わっています。ちょっと外は冷えるけど、バスの中は寒くはないはず〜なんて思ったいら、……帰りのバスでは冷房がついていました!!涙 

何故!明らかに寒いのに冷房なのか!運転手は調節できないのでしょうか?それとも運転手は暑かったのでしょうか?「暖房は何度から」という規則でもあるのでしょうか?頭の中から疑問が抜けない帰宅路でした…。

外に長時間居ないからと、気を抜いた服装をするのは今日を限りに致します。冷房対策。苦笑
スポンサーサイト

20:48 | 季節・天気 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
秋模様 | top | 紅葉

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/477-4fc2846b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)