頑張って!

日本語にはいくつか、とっても便利な言葉があると思うんです。

そのうちの一つが、

「頑張って」。

「頑張る」という日本語の動詞は、成功を想う心や努力を励ます心を表していて、とても好き。でも、例えば、世界最多単語数を誇る英語にも「頑張って」に相当する単語はありません。キリスト教徒の名残でしょうか。仏教は努力の先に何かがあると考えるけれど、キリスト教は天から降ってくると考えている(ことが多い)。だから、キリスト教圏の言葉には「成功を願うわ」という言葉はあっても、それと努力が合わさった「頑張って」という言葉がないのです。

フィンランドもキリスト教の国だけれど、それほど神様に頼っている雰囲気のない、教会に通う人はかなりの少数派な国です。そんなこともあってか、フィンランド語には「頑張って」に相当する単語がありました。

"Tsemppiä!"[ツェンピア]
(最後のAが文字化けしているかもしれませんが、TSEMPPIAで最後のAの上にはウムラウトがつきます。)

です。

フィンランド人の心はどこか日本人のと似ているところがあるとよく言われますが、こんなところも似ているようです。ちなみに、フィンランド語バージョンのも動詞が変化するそうです。

今まで、どうしても、「頑張る」という言葉を使おうとする時だけはうまく言えない、言いたいのに言えないという事態に陥っていたのが、これで改善いたします!うれしい!

では、この記事を読んでくださった方々に向かって。

"Tsemppiä!"[ツェンピア]

皆さんそれぞれに苦悩があると思いますが、日本からだけでなく、もっともっとたくさんの国からも応援の言葉が寄せられるんだと思って、ツェンパタして(=頑張って)下さい!

「頑張って」という言葉が重荷に感じたら、猫の言葉とも言われるフィンランド語バージョン「ツェンピア」を思い出してください。きっとフィンランド人のようにのんびり頑張れると思いますよ☆

スポンサーサイト

23:17 | 日本語 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
除雪 | top | 防寒

comments

# おもしろいですね
フィンランドにも似ている表現があるなんて
うれしいです。

私も「がんばる」という言葉は好きですが、
人に言うときは気を遣います。
「なんでがんばらなきゃいけないんだ」と思われると、
逆効果かも、なんて考えたりして。

そんなときは「マイペースでいきましょう」とか
「うまくいくように祈ってるね」などと言ったりしますが、
今ひとつピンとこないというのが正直なところです。
Satoさん | 2011/02/22 00:59 | URL [編集] | page top↑
# No title
Kiitos. Yritän!

日本語の頑張ってはべんりだけど、なんで頑張らなあかんねん!!なんて腹が立ってしまう事がある(;´Д`A
かもりんさん | 2011/02/24 16:57 | URL [編集] | page top↑
# Re: Satoさん
フィンランド語の「頑張る」は、あまり聞いたことがなくて、
あると思っていなかったぐらいなので、最近の新しい言葉かもしれません。

日本では何でもかんでも「がんばる」になっているのかもしれませんね。
せっかくの声援が逆効果になっては残念です・・・。

何か、良い表現がみつかるといいですね。
Aki Koyamaさん | 2011/03/01 11:58 | URL [編集] | page top↑
# Re: かもりん
フィンランド語!!知ってるの?!

いつでも誰からも、「がんばって」って言われた、その言葉のほんとに優しい良い意味が消えてしまうよね。気抜いてゆっくりしていいときは、「がんばって」じゃないのにね。
Aki Koyamaさん | 2011/03/01 12:00 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/412-669932d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)