ちょっとそこまで、日帰りで。

DSC02323.jpg

この写真をよーーーーーくみてください。

水辺に船が止まっていて、森がある、一見フィンランドの港町のような景色ですが、ここはフィンランドではありません。

後ろの家を見てください。

森の中に家があるのはフィンランドも同じですが、このような 高いところ にフィンランドの家は立ちません。なんたって、高いことろがないのですから・・・。

では、ここはどこでしょう?

この広い世界の中で、いったいどこの人が山の一番てっぺんに家を建てたいという願望を持って生きているでしょうか。

そうです。

ノルウェー です!!!!


今日はこの、山々の聳え立つノルウェーに行ってきたのですが、出張という名目で行ったため、ノルウェーの壮大な自然を見ることも、物価やスーパーの品数観察することもなく・・・。大阪で働いている人が会議のために東京に一日日帰りする、そんな感じの旅行でした。

それでも、空港からオフィスまでは1時間ほどのドライブということだったので、車の中から見れるだけ見ようと必死になり、少しでも観光気分を味わおうとカメラ構えて観察しました!

ノルウェーはフィンランドと国境を接しているものの、故郷は北の北の北のほうにありますので、お隣というよりは、隣の隣といった感覚の国。いろいろフィンランドと違い、山がたっくさんあります。

山がたくさんあるということは・・・・

DSC02316.jpg

そう、トンネルがたくさんあるということでもあります!フィンランドでは地下鉄以外で一切見ない、トンネル!!!それも、長いトンネルが次から次へとやってくる!!酔いそうでしたが、新鮮でした。


あと、会議先の近くの芸術をみました。

オブジェその1:バナナ
DSC02325.jpg

オブジェその2:鉄
DSC02339.jpg



そして帰ってきたのは夜10時ごろ。普段よりちょっと遅いかなーという程度で、皆が寝静まっているわけでもないので、不思議な感覚に陥りました。みんなは日常を送っていて、中には一日中部屋にいた人がいるかもしれない。でも私は、早起きをして、パスポートを持ち歩いて、一日に2回も飛行機に乗って、時差も経験して、帰ってきている。どこか、他の人とは違う時間が流れていたような、タイムトラベルじゃないけど、スペーストラベル(スペース=空間という意味で)をした気分でした。どこでもドアを使ったらこんな感覚になるのかなと思ったり。笑


帰りの飛行機の中で、上司がこんなことを言っていた。

「行きに同じ飛行機に乗ってた人が何人かいる。」

そうか。日帰り国境跨ぎ出張は、このあたりじゃ頻繁にあるんだな。そう言えば、去年の夏は私も日帰りでエストニアに何度も行っていた。ヨーロッパの内陸のあたりだと、毎日国境を跨いで出勤していたりする。

私にとって、国境を跨ぐということは、まだまだ何か特別なこと。慣れていけばそれが特別と感じなくなるのかもしれないけど、それはそれで哀しいかもしれない。
スポンサーサイト

01:12 | 日本語 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
キティーちゃん | top | 写真: 発見

comments

# 日帰りでノルウェイとは
バナナのオブジェがすばらしい。
ラベルが貼ってあるところなど感心するばかりです。
でもなんでむいたバナナを作ろうとしたのかちょっと不思議。

日帰りでノルウェイとは想像しがたいです。
日本で旅行の計画をしているときは、
「次のノルウェイ行こうかな」という感じで、
全く別物にしています。
ヨーロッパに住むメリットはそういうところでしょうね。
Satoさん | 2010/11/05 02:35 | URL [編集] | page top↑
#
ぁあ!まさかブログ読んでくれてたなんで!ハードな内容でごめんね!色々と頭の整理しなきゃな時期なのでどうしてもブログにしか書けない事かいちゃうんだ汗

日帰りでノルウェー。。なんだかじゃポン野郎な私には想像がつかない☆彡でも画像や日記見てて知識が増えてとっても良い気持ちになれた★
かおりさん | 2010/11/10 23:52 | URL [編集] | page top↑
# Re: Satoさん
返信遅れまして、すいません。

このバナナはもしかしてノルウェー人の憧れなのかもしれません。この寒い、ごつごつした国でバナナは育たないっ!・・・とか?外に出しておいても凍ってしまうことなく、皮が向ける南国の不思議をあらわしたもの・・・とか? 芸術ですね。笑

私も、今まではノルウェーは別物で考えていましたので、まさかこんな形で訪れることになるとは思いもしませんでした。でも本当、距離的にはイギリスやらスペインやらより近いんですよね。
Aki Koyamaさん | 2010/11/23 11:51 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/394-ae9a8ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)