秋から冬へ

DSC07162.jpg

今朝、起きたら窓の外はこんなでした。


もう、完全に冬ですね。


ちなみに先月末は3日ぐらい太陽が出て、落葉真っ盛りでした。

DSC06971.jpg

DSC06974.jpg


一応、今も太陽は地平線から顔を出しているようですが、影は夜にしかできません。

昼間はあまりにも分厚い雲に太陽の光が遮断され、「明るい」には程遠い世界です。

夜は外灯の明かりがあるので影ができます。でもそれって一体、どうなんでしょう・・・。

願わくば、太陽の光で作られた影をみたいものです。



ちなみに、10月には入ってから、太陽で影が出来たのは1週間程度でしょう。

11月の半ばになろうという、10月に入ってから6週間のうち、たったの1週間です。

それも、毎週何曜日は太陽が出るなんて決まってれば良いのに、平気で2週間とか

曇り続きです。



どんなに人参を食べたって、緑色の野菜を食べたって、太陽に当たらなきゃ

栄養不足ですよ!!

話によれば、フィンランドの牛乳にはビタミンDが添加されてるんだとか。

牛乳飲まなきゃ・・・。



夜は4時に日が沈みます。(写真は4時半ぐらい)

DSC07090.jpg

毎日、日が沈むとちょっと鬱・・・。

昼間元気でもネガティブ思考になる。。

4時から鬱だと結構辛いですよ。

だから窓の外を見ないように、なるべくパソコンとにらめっこの生活になってしまう。



あぁ・・・やっぱりこの季節は慣れない。。

むしろ、毎年どんどんフィンランド人みたいになってきてる。。



フィンランドは結構ネット社会だと思うんですが、その理由がよーーーく分かる。

だって・・・・こんな暗い時に、外出たくない。。

綺麗な雪だって溶けて凍って、どうせ暗いからあんまりよく見えないし。。

暗くても雪が降ったらちょっとは元気になるんじゃないかと思ったんですが、

甘い考えだったようで。。



フィンランドの海軍って、もしかして潜水系のに強かったりするんですかね?

光から遮断されるのに「慣れている」船員が多そうですからね。笑



私、ラップランドには行ってみたいですが、住みたいとは思いません。

住むとしても1年以上は耐えられない気がします。

2年目からもう、酷い鬱になりそう・・・・・・




さぁ、明日からは3時代に日が沈みますよ。

もうすでに、日の出は8時過ぎです。

それなのに、それなのに・・・・・・まだ3時間も日照時間が減るなんて!!涙涙



でも、生きていくしかありません。

どんな環境でも生き延びなければなりません。

そんな大げさなものでもないですけどね・・・。笑






スポンサーサイト

23:26 | 日本語 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
陸上競技、興味無し!!! | top | 風邪には気を付けましょう。

comments

# 太陽光照明
フィンランドの雪の草原のイメージは、私にとってはアンドリュー・ワイエスの絵のような感じです(アメリカ人ですけどね)。ただ、それも光があってからこそで、きっと実際とはかなり違うものでしょう。

かなり前になりますが、太陽光を再現した「太陽光照明」が開発されたというニュースを聞いて、「太陽の光なんて昼になればいくらでも浴びられるのに、なんでそんなものを作ったのだろう」と思ったりしました。

ただ、意外と需要があるらしく、今やいろんな会社で作っています。どれくらい太陽光に近いのかわかりませんが、全く同じだと部屋が暑くてしょうがなくなるはず。赤外線は抜くんでしょうか。それだと偽太陽光ではないのかと考えたりして。

私は南のほうの出身で、夏の直射日光に自転車をほったらかしにしておくと、タイヤがパンクするようなところにいたので、太陽のありがたさが実感としてわかないのかもしれません。逆に雪国の白さにあこがれたりしていました。

でも、12月に札幌に行って、すぐ逃げ出したくなりましたので、フィンランドの冬はおそらく絶対に無理です。ラップランドに住んでいる人なんて、タフだなと感心するしかありません。フィンラドの冬のはなしを聞くと、フィンランドにはきっとタフなひとばかりが住んでいるのだろうと想像してしまいます。
Satoさん | 2009/11/12 04:46 | URL [編集] | page top↑
# No title
今日、すごく短い時間だったけれど太陽光線が部屋に差し込んでいたので、起きた(昼寝中だった)。そして太陽光線を浴びましたー!時間にして10分くらい。でもこれできっと3日間は生きられるね!

太陽の光に当たらないと、うつになったり、睡眠障害が起きたりするそうです。それでもヘルシンキでは短いときでも5時間くらいは日が昇っているはずなので、太陽に当たることは出来そうですが、実際曇りだったり、仕事してたりすると、それも叶いません。ましてや、日の登らないラップランド、、、。
結構、この国では太陽光照明、需要があるそうです。
yumiさん | 2009/11/16 01:57 | URL [編集] | page top↑
# Re: Satoさん
アンドリュー・ワイエスの絵ですか?!そんな丘みたいな草原、残念ながらフィンランドには広がっていません・・・・>< フィンランドはひたすら森森森。そして平地なので、見渡す限り~なんて出来ないんですね。。

太陽光照明は売っています。発売されたときに話題になって、毎年値段が落ちているので人気も上昇中なのでしょう。どれほど太陽光に近いのかは分かりませんが。

「ラップランドに住んでいる人はタフな人」なのも、「フィンランドにはタフな人が多い」のも、あながち間違いではないと思いますよ。特に男性は冬季訓練を軍隊で受けますからね。マイナス気温でのキャンプですよ、キャンプ。なんとなく、生きる事にタフな人は多いかもしれません。
Aki Koyamaさん | 2009/11/16 05:55 | URL [編集] | page top↑
# Re: Yumiさん
今日はそんなに光が出てたんですね!!生憎、こちらはそれほどでもなく・・・いつものように真っ白な空が少し青白くなる程度でした。。でもホント、太陽を浴びると、これで暫く生きていける!!!って思いますよね!太陽出て来ないかな~。

太陽の光に当たらないと睡眠障害も出るんですね?!あぁ、きっとそのせいで最近寝つきが悪いんですよ!!!しかし問題も解決法も分かっても、解決策が無いと言うのは・・・。朝方まで起きててもなかなか日は昇らないし。。

Yumiさんも鬱にならないようになるべくたくさん太陽光浴びてくださいね!
Aki Koyamaさん | 2009/11/16 06:00 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/339-fa8e8d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)