エストニアで病院

DSC04764.jpg

今回はタリンでの珍しい経験についてです。
初めに。私は至って健康です。





私が働いている船は元々エストニアの会社。
船員はほぼ全員エストニア人。

そして船の上でなくても働くときには 「健康診断」 が必要ですよね?
「健康診断」は病院又はクリニックに行かないと貰えませんよね?


いや、でも、まさか・・・・・・・・・・・・


エストニアの病院の診断書じゃないとダメ


なんて聞いてないぞーーーーーーー!!!!!!!
ひー!!(TДT)




初めてボスにエストニアで病院に行けと言われたときは流石にビビリました・・・・。

同僚と

「売られる!売られる!」
「気づいたら北朝鮮かもよ?!」

と騒いでしまいました。


でも行かなきゃいけないのは仕方ないらしいので行きましたよ。
エストニアで病院へ。
健康診断書を貰いに。


病院の人たちは英語不自由。
更にはフィンランド語もあんまり・・・・。

いや、私、エストニア語もロシア語も全く喋れませんが?!?!



はい。私、エストニア語とロシア語で健康診断受けました。

何の診断が始まるのかは部屋を見て自己判断して、
言葉での指示は分からないのでボディーラングエッジを必死に読み取って、
やり方とか分からないケド映画とかで観たのから想像して、

なんとか乗り切りました。


この健康診断、かなりしっかりとやりまして、

心音・血圧検査
尿検査
血液検査
心電図
X線
聴覚検査
視覚検査

と、それぞれをそれぞれの専門の人とやりました。


でも、私、昔から健康体なので学校以外で健康診断を受けたことがないんです。
心電図もX線も初めてだったし、血液抜かれたのなんて・・・・・・
そんなこともあったのかもしれないけど覚えてないという・・・。

なので、やったことがなモノは戸惑いも多く。

血液抜かれるときは、座ってと言われたところに座って、腕まくれと言われたけどドコまで捲くったらいいのか分からず2回ぐらいもっと上まで捲くれと言われ、捲くったところで腕を何かで挟まれ、ここまで来ても何をやるのかよく分からず・・・・。先生が血管を押して注射を出して、初めて血を抜かれるんだと理解。またでもその注射が映画やドラマでみるのとちょっと違って、一体いつ抜かれてるのか、どこに血が溜まってるのか分かるまで数秒が経過してしまい、次の瞬間には針を抜かれ、事は済んでしまったという・・・。

X線のときは、部屋に入る前にエストニア語で「X線」と思われる看板を看護婦さんが指差して教えてくれて、でもXとかなかったし、なんかめっちゃ長かったし、何なのか分かりませんでした。部屋に入ったら服を脱げと言われたケドどれだけ脱いだらいいのか分からなくて、1枚ずつ脱いで相手がOKサインを出すのを待って・・・。脱いだら別の部屋へ入れられ、ソコは薄暗かったのでなんとなくX線っぽい気がしたけどどうやるのかは分からなくて。でもそこの部屋の看護婦さんは若い人で英語喋れたので指示は理解できて!!! でもやっぱりあれがX線だったのかどうかは分からない。でも肺の辺りの撮ってたからきっとそうだろう。あはははは・・・・

そして緊張し過ぎてわからなさすぎてホントに笑ってしまったのが心電図。
心電図を取ってくれた看護婦さんはロシア語で対応。
ロシア語はエストニア語以上に分からない。
(エストニア語はフィン語に近いから分かる時がある)

まず部屋に入るなり脱げと。またこれもどれだけ脱いだらいいのか分からなく。
そしたらベッドに寝ろというので寝るけど、うつ伏せなのか仰向けなのか分からない。
押されて回されて仰向けに寝ると、何やらでっかいクリップで手足を押さえられ始める。
これはヤバイ、コレでなんか怪しい事されても逃げられないぞと思ってしまい、笑いがこみ上げてきてしまった私。笑

そしたら次にはなんか分からない吸盤をたくさん付けられる。
更に怪しさが増してまた笑ってしまう。あははははー

そして何やら機械起動。

数十秒後に開放。


終わった後に心電図を取られたと気づいたのでした。笑








いやはや、今回のタリンはかなり心に残る一大イベントとなりました。

でもまぁ、今回は会社側から指定してきた病院だし、病院の人は優しかったし、笑顔絶やさず接してくれたし、無事帰還できたし、結果オーライでしょう。

ただ・・・・やっぱり安心できないところで病院には行きたくないものですね。。




そして更にタリンで使う言語に迷う私なのでした。
(フィン語使えるようで使えない・・・)










スポンサーサイト

21:04 | 日本語 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
緊張の後には癒しを | top | つゆ?

comments

# ちょっと恐かった
言葉の通じない国の病院で血を抜かれるなんて、ちょっとした恐怖体験ですねえ。すこしだけどきどきしながら読んでしまいました。
satoさん | 2009/06/15 00:05 | URL [編集] | page top↑
# >satoさん
私もドキドキしながら血抜かれました。
ドキドキしすぎて血圧上がらないかとか、心音おかしくならないかとか、ちょっと心配でしたが、大丈夫でした。
Aki Koyamaさん | 2009/06/16 11:11 | URL [編集] | page top↑
# 血圧が上がった経験あります
ご丁寧にご返信ありがとうございました!

数年前、会社の健康診断で、当時好きだった女の子がたまたま次に並んでいたことがあります。できるだけ意識しないようにしていたのに血圧で異常値が出て、4、5回計り直したしたことがあります。医者が「おかしいな、なんでだろ」とつぶやいて、申し訳なかったです。
satoさん | 2009/06/17 02:15 | URL [編集] | page top↑
#
健康診断おつかれ!!エストニアといえば高校の時、外国人のお話を聞く会でエストニア人のお姉さまが来てくれたのを覚えているよ。人身売買の不安は私もよくわかる!つい昨日もそんな不安にかられたぁ(笑)
るみさん | 2009/06/18 13:19 | URL [編集] | page top↑
# >satoさん
そんなに・・・。
私は問題なく通過できたのでよかったです~★
Aki Koyamaさん | 2009/06/20 23:30 | URL [編集] | page top↑
# >るみちゃん
えぇ!そんなところで繋がりが!
ってかそんな不安に駆られるような事しないでーー!!><
Aki Koyamaさん | 2009/06/20 23:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/278-de3e6c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)