大学のパーティー

ヘルシンキ大学のパーティー。

大学開催のパーティーにはあまり参加していなかったのですが、今回は
「奨学金授賞式 兼 外国人学生&スタッフ歓迎会」
とのことで参加してきました!

たくさん稼いだ単位のおかげでちょとした奨学金が当たったのです♪
ヘルシンキ大学で1年以上勉強していて、まだ1学期以上の勉強期間が残っていて、政府や団体・大学から大きな奨学金を受け取っていない外国人で、先年度1年間で60単位以上取った人に応募資格が与えられるというやつでした。学士過程・修士過程・博士課程のどの過程にいる人も応募できます。金額は学士の人が一番少なくて博士の人が一番多いです。

特に大きな金額ではありませんが、やっぱり嬉しいもんですね☆☆


n602068891_1060775_2615.jpg
学長と☆

DSC01935.jpg
受賞者3人で☆一番左端の子はトルコ人なのですが・・・顔ちっちゃい!!!!

n602068891_1060750_8759.jpg
楽しくね♪

DSC01937.jpg
この子は同じ学科の1年後輩の中国人。Social Scienceの方にいる子だけれど、基本やってることは一緒だし、今学期は同じ授業もあるので仲良しになりました♪

DSC01957.jpg
私=142cm、彼女=144cm。だから座高ほとんど一緒☆笑 旦那様のお仕事でこちらに来た方です。旦那様がヘル大にいるので、このパーティーにも参加していました☆ 学生しかいないと思っていたので、まさか会うとは!

DSC01964.jpg
DSC01951.jpg
DSC01948.jpg
はい。バラです。奨学金受賞者は生バラのコサージュをつけるという決まりだったみたいです。
そんなこととは知らずに、違うコサージュをつけていった私。生バラコサージュを配ってくれた人が、つけていったのと逆側にバラをつけようとしていた・・・。右にも左にもあったら流石に変だ!!!と思って・・・。とっさにダブルコサージュにしてしまいましたw

バラって肌触りがいいですよね。バラって王道すぎてあまり好きじゃないのですが、さわり心地だけはやっぱり好きだなぁと再確認しました。なんでも触りたがる性分なのです。さわり心地がいいものが大好きです♡♡ フィンランドの国花は鈴蘭なのですが、フィン人は実は薔薇が好きなのです。とあるフィン人に、ことあるごとに薔薇なのはなぜかと聞いたら、

『薔薇はフィンランド人の心の花だからね☆彡』

と教えてくれました。そうらしいです。


それから、このパーティーには明らかに中国人が大量でした!
外国人だけ集めるとやっぱり中国人が多いんだなぁとつくづく感じました。奨学金受賞者もほぼ半分が中国人。次に多かったのがインド人。外国人向けの奨学金、更に交換留学生を除くとなると必然的にそういうメンツになるみたいです。どこの国でも同じ様な感じなのでしょうか???

288.jpg
奨学金受賞者の集合写真です。2・3人いませんが。


新しいお友達もできました♪
たのしくわいわいできました♪
久々にたくさん英語を喋った気もします♪

さて、またクリスマス休みまで頑張りましょう!!
スポンサーサイト

22:35 | 日本語 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
面白動画&まともなCDの宣伝 | top | 暖かい=低い

comments

# 国花
フィンランドの国花って鈴蘭なんですか!
わりと雰囲気が合っているかもしれませんね。
この日記を読ませていただいてから、Wikipediaの国花の項目をしばらく読んでいました。日本の場合は法定の国花はないようですが、まあ桜・菊で無難なところでしょうね。

それにしても、フィンランドの方が薔薇好きというのは結構意外でした。薔薇=赤、フィンランド=白・青というイメージが強かったので、正反対のような気がして。ダブルコサージュ、素敵ですよ☆
hacoさん | 2008/11/19 16:06 | URL [編集] | page top↑
# >hacoさん
hacoさんもWiki教授にぞっこんですねw
日本には法廷の国花がないんですね。ずっと桜だと思ってました!

私も最初、フィンランド人の薔薇好きには驚きました。人は全然ロマンチックな性格でもないし、赤いイメージも豪勢なイメージもフィンランドにはありませんでしたから・・・w
Akiさん | 2008/11/19 22:03 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/233-17f5f2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)