謎が解けた!!!

2月19日の謎が解けました!!!!

2月19日は雪だるまの日でした。

私が見たオブジェは雪だるまだったのです!!!


雪だるまの日、と言っても、謝肉祭最終日と違って学生のどんちゃん騒ぎではありません。「国際環境NGO FoE(Friends of the Earth)」という団体の地球環境デモの一部です。

Friends of the Earth は世界70カ国にあり、地球環境、地球平和、発展途上国の問題などに取り組んでいる団体です。

参考までに、日本のサイトを。↓↓
Friends of the Earth Japan


こういった素晴らしい団体のデモ。そのデモに何故雪だるま?例年冬の気温が上がり、雪が少なくなってきているフィンランド。その中で地球環境問題に対する取り組みをと呼びかけるように、毎年2月19日に雪だるまのヘルシンキ中央駅の前に作っているようです。

そこでポスターとかじゃなく、1・2週間ほど雪だるまの着ぐるみを着た人たちを町中に放ち、当日に雪だるまを大量に作る、という発想がフィンランドっぽくて面白い☆★

ヘルシンキの街で、ヘルシンキ中央駅周辺に雪だるまの人たちをまいておけば、たちまち噂は広がり、人々の耳に入る。なんたって人口は少ないし、ヘルシンキ・ヘルシンキ郊外に住んでいて、ヘルシンキ中央駅周辺に1週間のうち1回も行かない、なんて人はほとんどいないと思いますしね。



実はこの雪だるまを着た人たち、とっても不思議な人たちだったんです。普段、どんなに変な格好をしていても、知らない人に街でいきなり話しかける、なんてことは滅多にしないフィンランド人が、この雪だるまの人たちにはとっても友好的だったんです!!!!

「そのぬいぐるみ暑くないの?」とか
「なんとかがなんとかで大変だよね。」とか

フィンランド人が次々に雪だるまの人たちに話しかけていたんです!!!!!!! フィンランド人が知らない人に話しかけるなんて、コレは本当に稀なことです。

でも今は謎が解けました。地球環境問題に取り組む団体、その団体をフィンランド人が慕わないはずありません!!!



フィンランドにいると、1年半ぐらいしかいないのに、地球温暖化の影響を身にしみて感じるんです。今年の冬の気温は去年より15度近く高いんです。雪が降るはずなのに雨が降る。森に雪が積もらないので、大好きなカントリースキーもできなければ、スケート場に凍りも張らないのでスケートもできない。フィンランド人は本当に心配そうにしています。

地球の温暖化を止めることはできないかもしれない。でも、毎年雪だるまがいっぱい作れるぐらい、寒くてキラキラしたフィンランドらしい冬を迎えられたらと思います。
スポンサーサイト

22:56 | 日本語 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
フィンランド料理レストラン | top | Mystery

comments

#
なるほどなるほど!!!だから16日にでてきた着ぐるみ雪だるまに「2月19日」....なのかぁ。なんだか物語的な展開でおもしろい☆私もその着ぐるみ着て雪だるまつくりたいな(笑)
フィンランド人って意外にクールなの??
確かに地球温暖化って目に見えてきた。雪だるまによって(?)つくられた雪だるまたちも本来なら雪景色の中、たたずんでるのが自然だよね。
るみさん | 2008/02/21 03:34 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tulatullalla.blog88.fc2.com/tb.php/133-61d86147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)