2017年 08月
20日(日)
07 | 2017/08 | 09

Turku

Turku[トゥルク]は、西フィンランドに位置する古都です。ヘルシンキの前、600年ほどフィンランドの首都を勤めた、いわゆる京都みたいな都市です。

先日、このトゥルクでテロと思われる無差別殺傷事件がありました。この件に関してはまだ調査中ではありますが、日本でもニュースにもなっているかもしれません。

私なりの見解もありますが、事件の詳細については報道に任せるとして、報道規制に関する日本との違いについて一つ。

フィンランドでは、刑事事件と自殺に関する報道規制がかなり強いと思います。日本では刑事事件が起こった際、犯人や被害者の名前や顔写真をニュースで流しますよね。でもフィンランドでは、性別、年齢や国籍、人数などは報道するものの、名前や顔写真は出て来ません。そうすることで、双方の家族や友人など、周りの方に配慮していたり、勘違いなどを防いでいるるのかなあなどと勝手に想像しています。日本と違って、同姓同名が多いですし…。

また、意図的に報道していない事件も多数存在すると思っています。「真似をする」のを防ぐためです。ISISが意図的に報道することでテロを誘発しているように、知ることで起こる事件がある反面、知らないことで防げる事件もあるのだと思います。





スポンサーサイト
19:53 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑