2016年 03月
11日(金)
02 | 2016/03 | 04

季節の変わり目

皆さんは、季節の変わり目をどのように感じますか?

ー気温ー
人肌でもとても体感しやすく、季節を感じやすいパラメーターの一つでしょう。植物なども気温に左右され花を咲かせたり葉を落としたりしますよね。
ー日光ー
肌でというよりは目で感じるパラメーターでしょうか。日本でも少々、フィンランドではかなりはっきりと日照時間が伸びたり縮んだりを感じます。

ところで、気候変動の話によくでてくる二酸化炭素にも、季節があるのはご存知でしょうか?大気中の二酸化炭素は年々増えておりますが、夏も冬も関係なく増え続けているわけではないのです。そして、例外なく、北半球では夏は少なく、冬は多いのです。(南半球は反対)

どうして?
二酸化炭素は光合成によって植物に吸収される、と中学あたりで習ったと思います。まさにそれです!
地球の植物の分布を見てみると、植物のほとんどが北半球に生息しているのがわかります。↓
IGBP_LandType.png
[写真元:NOAA]

夏は植物が青々として、元気に活動していますよね?元気に光合成を行う植物は、大気中の二酸化炭素をどんどん吸収していきます。それを地球規模で行うと、冬の間に増えた大気中の二酸化炭素は夏には減るのです!
fig3_mlo_co2_2014_2015.png

つまり、季節の変わり目を二酸化炭素でも確認することができるのです。

二酸化炭素は目にも見えず、匂いもなく、感じることがなかなか出来ませんが、そろそろ春…。今年は二酸化炭素も季節の変わり目パロメーターの一つに加えてみませんか?

リアルタイムCO2濃度↓
http://www.bloomberg.com/graphics/carbon-clock/
スポンサーサイト
10:20 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑