2012年 01月
12 | 2012/01 | 02

ドキドキドキドキ

フィンランドでは今、とてつもない緊張感が走っております。

大統領選挙です。

2期8年・・・でなくて12年、大統領を勤めた、フィンランドのムーミンとも言われたハロネンさんに代わって、次は誰が大統領になるのでしょうか?

外国人にとって最悪の事態は避けられたようですが、個人的・友達の間で人気のゲイの彼は通るのでしょうか?

最終選考の結果が出るのは2月中ごろでしょう。

とっても気になります。
スポンサーサイト
16:20 | 日本語 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

当たり年?

374812_10151033980960176_529945175_22182687_1461534837_n.jpg

突然ですが、私、雨(雪)女なんです。

年始まで自覚はなかったのですが、どうやら強烈な雨(雪)女なようです。

よく考えてみたら、夏が終わってから通勤時に「何も」降ってなかったことがないように思います。行きも帰りも、何かが降っている。言われてから意識してみましたが、1月はまだ一日も(!)晴れの日どころか曇りの日にすら当っていません。

そう言えば、スウェーデンのAbiskoという所に出張で行った時、平均年間降水量が約300mmのところで吹雪きに合ったのを思い出しました。ものすごい量のみぞれが降ってきて、ズボンも、コートも、手袋も、全てびちょ濡れになりました。・・・・・・。

今年は11年に一度の太陽の周期がまさにピークなのですが、今も夜も空は雲に覆われ、月すら見えません。たぶん、、、、私のせい・・・・!!!!!涙

11年に一度の当たり年、今年は本当に当たりな「ハズ」なのです。雲の上にはキラキラとオーロラのカーテンがかかっているに違いない・・・。だれか雲を除いてください。願
21:03 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬の通勤

いつぶりでしょう、朝の通勤時間に太陽の光をみました。

20120112090009.jpg
ちなみに今日はちょっと遅く出たので、写真は9時ごろです。


いつもの道も、朝はこんなに明るくていい道でした。
20120112090830.jpg

ただし、学生の時からほぼ毎日通っているこの道は、冬になると魔の道と化す日があります。それは、


『 雪が降る、積もる。

  気温が下がって、雪は凍りになる。

  また暫くして雪が降る、積もる。

  今度は気温が上がって、新雪は解けて水になる。』


なんてことになると、氷の上に水をまいた、ツルツルの、本当にツルツルの道が出来上がります。

道の真ん中なんて歩けたもんじゃないんです。端の端の森の中に突っ込むぐらい端のところでも、ツルツルかグチョグチョベチョベチョなんです。

見ての通り、ここは坂道。捕まる所は端の木々だけ。

行きは登りだし、とりあえず登りきれば良いので、あわてる必要もありません。ゆっくり気をつけて登ります。

でも帰りは、下りのうえ、バスの時間などがあって、急がなければいけないときもあります。今日はまさにそんな日でした。

私にとっての冬の通勤 - それは、如何にこけない様歩くかということ
21:11 | 日本語 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

光のアート

ヘルシンキは今年2012年、ワールド・デザイン・キャピタルというプロジェクトに選ばれました。

街を活性化させ、デザイン力を世界に見せつけるチャンスみたいですよ。


こんな風に。
201201091922.jpg201201091927.jpg
21:05 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2012年、今年もよろしくお願いします。

冬休み、イギリスに暫く行っていたため、更新が疎かになっていました。

フィンランドはやっとこさ雪が降りまして、真っ暗闇から脱却しようとしているようです。よかった。

2012年は、やる気満々で4日から仕事を再開したのですが、6日の金曜日が休みでした。初週2日しか働いてない・・・。笑 私の周りは新年明けてから休みを取る人も居て、今週は人も少なかったですが、来週からは通常通りになるかと思われます。

1月は2月の研究会に向けて忙しくなる予定です。研究会は北緯40度ぐらいの南ヨーロッパです!楽しみ!


22:52 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑