2010年 06月
26日(土)
25日(金)
21日(月)
21日(月)
15日(火)
05 | 2010/06 | 07

夏至祭当日

夏至祭当日は、個人的に今年の夏至のメインイベントでした。

前々回の日記で少し触れましたが、夏至のメインはイラクサを取って食べるということでした。


イラクサは、フィンランドだとそこいら中に生えていて、触るとしびれるような痛さがあります。フィンランド語ではNokkonen【ノッコネン】と言います。

そこいら中に生えてはいますが、やはり道路の近くだと排気ガスなどの問題がありますので、ちょっと町画から離れたところへ取りに行きました。場所はPihlajasaari【ピヒラヤサーリ】。直訳すると『ナナカマド島』です。

ナナカマドもフィンランドに居る方なら写真を見ればわかるのではないでしょうか。こちらも結構そこいら中に生えていて、白い綿毛が大量に飛ぶやつです。



さてさて、行く場所、取るものが分かったところで出発です。

家を出て、電車に乗り、中央駅まで行きます。そこからバスで・・・・

ととと、、、あれ?!

バス・・・

トラム・・・

地下鉄・・・・

どれも動いてない・・・。


そう、夏至祭当日の午前中、そんな時に働きたい人も、給料を払いたい人もこの国にはなかなかいません。実際、私も夏至祭当日の午前中はいつも家にいた気がします。

ということで、仕方が無いので船乗り場まで歩きです。(途中で車持ちの友達と合流しましたが)

一切の公共交通が途絶えているのにもかかわらず、島行きの船は何事も無かったかのように動いていました。このギャップ、いまいちよく分かりません。笑 4年住んでも、分からない事だらけです!

DSC00292.jpg
はい、こちらがPihlajasaari行きの船。

Pihlajasaariまでは15分程度。風に揺られながら、輝かしい太陽と青空を楽しみながらの海路でした☆


DSC00293.jpg
島に着くとそこにはビーチが!!!!!!砂浜ビーチです!!!!泳いでる人は・・・いませんね。流石に海水温度が20度ないですから・・・。日差しに惑わされてはいけません。笑


DSC00366.jpg
海水浴場には救急のお兄さんもいます。フィンランドでは毎年、夏至祭の辺りにに数名、飲み過ぎて海に飛び込んでお亡くなりになられます・・・。フィンランド人の死亡原因のトップはなんだかんだで飲みすぎ、じゃないでしょうか。。溺死とか高血圧とかいろいろ言っているけど、元をたどれば飲みすぎなんだと思います!!


DSC00385.jpg
訓練中と思われる救急のお兄さん。船もお兄さんもカッコいいね^^


さてさて、メインのイラクサはどこに行ったという感じですが、ちゃんと取って来ましたよ!!

DSC00305.jpg
このように花の生えてない新芽のイラクサのてっぺん、更に新芽のところだけを取ります。触ると痛いので、取る時は軍手必須です。(ベテランおばあちゃんなどは素手でも平気らしいけど…。笑) 取るのは新芽だけ。新芽でないと硬くて苦くて食べれないそう。(食べれるのかも知れないけど、美味しくなさそう) 一本のイラクサから取れるのは小さい葉っぱ数枚。たくさん取ればパンケーキなどにもできるそうですが、意外にあまり生えていなかったので、今日はソースを作っていただきました。



DSC00387.jpg
まず、ざるに入れて水で洗って、さっと水切りをしてから、このように鋏で切ります。包丁でやってもいいのかもしれませんが、とにかく触ると痛いので・・・。


DSC00393.jpg
ある程度細かくきれたら鍋に入れてこのように煮ます。塩コショウで味を付けて、片栗粉などでとろみをつけて出来上がり☆


仕上がりは草の味がして、素材そのものな感じがとっても美味しかったです。今回はスパニッシュオムレツ(言えばただのじゃが芋玉子焼き)にかけて食べました。

草摘みなんて向いてない…と思われている方も、一度やると意外にはまるものです。ピクニック気分で是非是非お楽しみいただきたいです☆


それでは皆さん、これから暗くなるコトはひとまず忘れて、8月までは夏を楽しみましょう~~!!!




●おまけ●

イラクサ(刺草・蕁麻、英名nettle)
イラクサ科イラクサ属の多年生植物の一種、または総称。 多年生植物で30~50cmの高さになり、茎は四角く、葉と茎に刺毛がある。6月から9月にかけて葉腋から円錐形に緑色の花をつける。夏から秋にかけ、緑白色の雄花と淡緑色の雌花が咲く。茎や葉の表面には毛のようなとげがある。そのとげの基部にはアセチルコリンとヒスタミンを含んだ液体の入った嚢があり、とげに触れその嚢が破れて皮膚につくと強い痛みがある。(Wikipediaより)

ナナカマド
バラ科の落葉高木。高さ7~10m程度になり、夏には白い花を咲かせる。葉は枝先に集まって着き、奇数羽状複葉。秋にはあざやかに紅葉し、赤い実を成らせる。実は鳥類の食用となる。果実酒にも利用できる。 備長炭の材料として火力も強く火持ちも良いので作られた炭は極上品とされている。
800px-Nanakamadoflower.jpg(Wikipediaより)
スポンサーサイト
11:45 | 日本語 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏至祭前夜

夏至祭前夜は前夜祭りが大好きなフィンランド人の静かなお祭り日です。フィンランド人は田舎の夏別荘へ散らばり、Seurasaariなど、フィンランド中でKokko(焚き木)が上げられます。

昨年、Seurasaariには行かないと言い張りましたが、その理由の一つに天気がありました。例年のように、今年も夏至祭前夜は曇りのち雨でどんよりした雰囲気でした。

代わりに何をしていたかというと、特に何も無く。バイトに行って、蜂や花を愛でていました。写真でお楽しみください☆


DSC00201.jpg
蜂その1 この子は動く動く。全然ピント合いません。笑


DSC00253.jpg
蜂その2 別の蜂が蜜を吸った後です。花ビラが散乱してるのが分かります。


DSC00246.jpg
落ちてた花ビラ。


DSC00191.jpg
苺じゃないです。でもそれっぽい何かの花。


DSC00193.jpg
シロツメクサ。



11:31 | 日本語 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏至

DSC00086.jpg

夏至 - それはフィンランドの夏の一大イベント。長い長い(秋と)冬を越え、日の下で太陽の有り難味を感じようという日。

今年の夏至は21日、夏至祭はその週の土曜日でした。

昨年、Seurasaariには行かないと言い張った私、今年は何をしていたのかと言いますと、自然と戯れ、蚊にさされ、手をしびれさせていました。笑

もっと普通の言い方をしますと、夏至の日にはオタニエミというところでお友達とバーベキューをして、夏至祭前夜はバイト帰りに蜂を眺め、夏至祭の日にはイラクサを取って食べるということをしました。


まず、夏至の日。オタニエミはヘルシンキ工科大学(現アールト大学)があるところで、海辺の自然が多い、とても綺麗な場所です。

DSC00082.jpg
てんとう虫発見!何気に仲良しです。笑


DSC00105.jpg
バーベキューのメニュー。マッシュルームベーコン巻き(チーズ入り)、ナス、ソーセージ。それと、ここにはないけど、リンゴとトウモロコシも焼きました。


DSC00123.jpg
名前の分からない花。綺麗な小さい花がたくさん咲いているのですが、誰も名前を知らない。フィンランドの野花の本とかあったらいいのに~と思います。


DSC00150.jpg
夜11時すぎの空。明るいです。一応、もうすこーーしだけ暗くなります。


で、蚊はどこにいったという話ですが、フィンランドの蚊は海辺、湖のほとりなど、水辺の自然が多いところに多いのです。つまり、オタニエミには蚊がたくさんいるということですっ!!!ピンクの小さな花を撮りに行った5分ほどで3・4個噛まれました…。涙 フィンランドの蚊にはまだ慣れていなく、3・4日とっても痒かったです。

フィンランド人のお友達によれば、夏1・2に噛まれたのは痒いけど、夏が終わりに近づくに連れて何にも感じなくなるよということでした。

そういえば、ある夏、腕中に蚊に噛まれた跡があって、痒くないのかと聞いたら、

「ん~・・・痒い、かな?」

なんて答えてた人がいたのを思い出しました。ある意味そうはなりたくないな。笑


……夏至祭前夜へ続く。

16:13 | 日本語 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日芬コラボ

ずっと描いて(撮って)みたかった絵があります。

それは、日芬コラボの絵、『白樺×和服』です。



じゃじゃーん。

DSC00035.jpg


どうでしょ?!

色無地なのでちょっとお堅い感じで。

そろそろ太陽のやる気も出てきたし、暖かくなったということで、祖父母より頂いた着物を着て、友達に頼んで撮ってもらいました。


違う雰囲気のも描きたくなりましたので、また今度再挑戦してみようと思います!
02:05 | 日本語 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ごぶさたしてます。

学校のコトとプライベートとで忙しく、更新できませんでした。

さてさてこちらは夏至まであと1週間ほどとなり、日照時間は19時間弱。夜は真っ暗にはならず、ちょっと夜更かしでもしようなら日が昇ってきてしまいます。

学校の事は夏の授業の課題を出し終えて、一安心しています。


プライベートは・・・ちょっとオタクなことばかりしています。笑



漫画を読みまくったり・・・

フィンランド国防軍の音楽隊を追いかけたり・・・
DSC09638.jpg


赤ちゃん用和装メイド服を作ったり・・・
DSC09913.jpg


自分がメイドさんになってみたり・・・
DSC09926.jpg


こんなことをしていて忙しかったのか!!と怒られそうなことばかりです・・・笑

そして、そんなことをしているので、変わったフィンランド語ばかり身についてしまそうです。いつになったら『常用』フィンランド語を覚えるんでしょう。笑



夢を追いかけて何年になったのでしょう?

たくさん応援してもらって、頑張って、叶えた夢。

この国を知りたくて、やってきた。

白樺があって、青い空があって、冷たい空気が漂ってる。

一年の半分は灰色の空でも、だからこそ、青い空が綺麗だと思える。

こんな綺麗な、素敵なものを教えてくれた、大事な場所。

これからはここに居る為に頑張らなきゃ。
15:57 | 日本語 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑