組織改革

職場では今、内部の組織改革が行われようとしています。

今まで完全に別れていた天気予報組とその他の研究職を合体し、中間管理職を減らし、情報共有をもっと円滑にするのが目的です。

それに伴い、局長以外の管理職(部長、課長、グループリーダー等)を総入れ替え。

こういった場合、日本では上司が(勝手に)決めそうなものですが、こちらでは応募式。それぞれの職に条件はあるものの、基本的には職員なら誰でも応募資格があります。つまり、職務年数や経験が少なくても管理職になれる可能性があるし、応募しなければどれだけ職務年数や経験を積んでいても管理職にはなれません。管理職が嫌になったら、このタイミングでまた一職員に戻ることもできますし、続けたければ応募し、面接等を通らなければいけません。もちろん日本のように、上司の退職に伴いグループ内から選ばれ昇格することもありますが、今回は全て応募形式にしたようです。

こうすることで、やる気のある方が管理職をやり、管理職でないからと一職員が無能扱いされることもなく、それなりに良い職場環境が生まれているのかなあと感じました。





スポンサーサイト
21:04 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フィンランド人に和菓子を食べさせてみた

先日の会議の際に日本人の皆様から頂いたお土産を、現地対応チームの皆で分けました。

頂いたものは…
・煎茶
・干菓子
・金平糖
・羊羹
・ポッキー抹茶味
・キットカット抹茶味

中でもやはり、干菓子、金平糖、羊羹は食べたことがない人が多く、新鮮だったようです。

干菓子は、日本と同じく、女子に人気!「可愛すぎて食べたくない!」「飾っておきたい!」 などなど、私達ととても近い感覚の感想でした。

金平糖も思いの外人気。ただの砂糖ってとこがまた良いみたいです。私はピンクが好き〜とか言いながら、ピンクぱっかり取る子がいたり。私も小さい時は、手のひらに絵を書くように好きな色集めたりしていたな〜。

干菓子や金平糖などは、単純なものでも「目で楽しむ」という日本の感覚を少しは伝えられたのかな、という気がしました。

羊羹に関しては、小豆など、とにかく豆がお菓子に使われているというのが物珍しく、「豆?!ほんとに豆なの?!」という驚きでいっぱいだったようです。自分であれこれ考えながら食べたのに、豆だと教えたらまた確認しながら食べていました。笑 フィンランドでは豆をお菓子に使うという発想はまだありません。これで練り切りとか食べたら更にびっくりするでしょうね。笑

ボッキーやキットカットは安定の評価。キットカットはこっちでも売っているし、焼き菓子+チョコの組み合わせも慣れたもの。抹茶味はちょっと珍しいですが。

煎茶は、ちゃんと温度を考えて入れただけあって、とても美味しいと喜んでもらえました。緑茶はフィンランドにもありますが、普段飲まなかったり、普段飲んでいるものが「味付き緑茶」だったり、あっつい熱湯で入れて渋み満載だったりするので、普通の美味しいお茶!を宣伝できて良かったです。

日本のお菓子は、本当にバラエティが豊富で美味しいものがたくさんあります。高クオリティーの洋菓子も好評ですが、和菓子も意外と気に入ってくれたようです。





08:40 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

怒涛の1ヶ月

先週、ヘルシンキで温暖化効果ガスの衛星観測に関する大きな国際会議を開きました。フィンランド100周年のイベントの一つでもありました。

http://iwggms13.fmi.fi

会議のテーマの一つがGOSAT(いぶき)という日本の衛星に関するもので、日本からもたくさんの方がいらっしゃるとのことで、私も現地対応チームに任命されました。私は下っ端のただの研究者ですが、現地で唯一の日本人なので、必然的に…。日本からはお偉い方々もいらっしゃって、本当に緊張した週でした。最終的には無くなりましたが、日本の環境副大臣との会合に出席する予定もありました。日本の感覚ではかなり場違いな立場にも関わらず、他に日本人がいないという理由だけで偉い人の中に放り込まれます。お陰様でとても良い経験をさせて貰いましたが、緊張で胃潰瘍になりそうでした。笑

IMG_20170606_092133.jpg
会議の様子

IMG_20170606_112830.jpg
会議で使ったマイク。広い会議室で質問者にどうマイクを渡していくかというのは、現地スタッフにとって一つの議題でした。ただのふかふかののおもちゃみたいですが、投げて渡していく画期的なマイクです。投げた際にノイズが入らないよう、高度なノイズキャンセリングの工夫がされています。使ってみたいがために質問したくなるし、眠気も覚めるし、ちょっと運動にもなるし、大きな会議にはかなりオススメです!


会議自体は1週間でしたが、準備は普段の業務に加えてやっていたし、急に出張が入ったり、オケのコンサートがあったりして、なんだかとても忙しい1ヶ月でした…。

急な出張では森に行きました。以前何度も行ったことのある、ヘルシンキ大学の僻地及び観測地です。とても自然が綺麗で薪サウナもある素敵な所ですが、夏期講習で大変な思いをたくさん経験した場所でもあるので、「忙しい」を理由に1泊だけにしてもらいました…。苦笑

IMG_20170530_215600.jpg
到着するなり、私の気持ちを反するような、暗い雰囲気。。

IMG_20170531_201810.jpg
帰りは晴れ。気候変動の人為的要因を考えた後に、森の中から電車の駅へ来たので、色々と思うところがありました。綺麗に並んだ木材、鉄やプラスチック製品、電車の電動元(石炭、石油、電気)など、人の手が加わった世界を目の当たりにして、いつも以上に現代社会の問題を考えさせられました。


オケのコンサートはシベリウスとニールセンという北欧づくし。フィンランドの100周年記念にふさわしい選曲でしたが、拍は数えにくいし、2小節ごとに変調してあるし、感情の変化は激しいし、とにかく難かった!!本番は、これ以上にないっていうぐらい集中してなんとか乗り切りましたが、本番前のリハーサルでも怪しかったぐらい本当にギリギリの仕上がりでした。笑 忙しい中、何度も欠席しようと思いましたが、シベリウスを弾きたいが一心で頑張りました。

↓オケの広告
18402309_823451391141761_2024428906047905519_o.jpg


忙しい日々もひと段落し、これからは夏休みを待つだけ!!!それまでは、日常業務でパソコンと楽しく過ごすのみです。笑 

ブログでもまた夏の様子を更新していきます♪





22:52 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

世界気象デー

3月23日は「世界気象デー」です。

一般にはあまり知られていないでしょうが、毎年世界気象機関がテーマを発表し、今後この業界で注目すべきトピックを考える日です。大事な日ですが、イベントとしてはあまり盛大に行われてきませんでした。フィンランドの気象庁でも、毎年密かにお祝いしていたようですが、私の知るところではありませんでした。

しかし今年はフィンランド創立100周年と重ねて、社内向けの一大イベントを開催しました!

IMG_20170324_171611.jpg
今年のテーマは「雲を理解する」です。雲というのは不思議なもので、根本的な形成過程は単純でも、周りの条件によってその形はとても複雑に変化します。そのため、雲の物理的過程には分かっていないことがまだまだ多くあるのです。

IMG_20170323_144704.jpg
職場では雲というより公園のようなステージを作成。笑

IMG_20170324_132055.jpg
今年のストラテジーと一緒にフィンランド100周年記念グッズ(マグネット版ピンバッチ)も配布していました。気象デーと100周年、どっちがメインかわかりませんね。笑


ともあれ、今年は皆さんもちょーっと雲に注目して過ごしてみてはいかがですか?


続きを読む
16:23 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

在宅勤務

今年から、在宅勤務が推進されることになりました。今までも、在宅勤務可という職場でしたが、「可」ではなく、「週何時間はなるべく」という事になりかねません。

在宅勤務は有効に使うと、とても便利です。子供が熱を出したとか、引越し屋が荷物を取りに来るとか、洗濯機を配達&設置してもらうとか…。家にいなきゃ行けないけれど仕事ができる場合、いちいち有給を消化しなくてすみます。

でも、家で仕事を「しなければ行けない」となると、不便です。家のネットが遅いとか、家では仕事に集中できないとか、仕事をするのに不都合がある場合、どうするのでしょう?図書館など、結局家の外に行くのであれば、職場より良い仕事をする環境はないと思うのです。

どちらにしても、個人の都合に合わせられる環境が良いと思うのですが、現場の人の考えが上の人に届かないのはどこも同じなようです。悲

15:36 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑