日本より 休み

フィンランドと日本の職場の大きな違いの一つに、「休み」があります。

フィンランドでは、1年目の有給は月に2日ずつ溜まっていく仕組み。年間24日になります。

日本の現職では、1年目の有給はたったの10日。当然ながら、フィンランドの感覚で休むと全然足りません…!笑 私は勤務が半年なので、半年で10日と考えるとまだいいですが、余裕で使い切れちゃいます。それどころか、どうやらお盆もカレンダー通りらしく、夏休みを考えるとやっぱり足りません。笑

来年こそは夏休みを1ヶ月取りたい、、!




スポンサーサイト
12:32 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本より 健康診断


新規採用時健康診断に行きました。健康診断は定期的に受けていないので、すごく久しぶりでした。フィンランドでは受けられますが、義務ではないんですよね。普段はすこぶる健康体だし…笑

ここでもまたちょっと日本だなあと感じたことを。

・予約が電話でしかできない。
フィンランドのデジタル化に慣れてしまっているので、当然のごとくクリニックのホームページからネット予約をしようと思ったら、なかなかページが見つからない。しばらく探してから、「ご予約は電話から」のメッセージに驚いてしまいました。笑

・身長、体重も測る。
フィンランドでは、この2点は通常自己申告制。笑 盲腸になった時も、強めの痛み止めを処方してもらった時も、自己申告でした。大幅に少なく言ったりして、麻酔が効かなかったらどうするんでしょう。苦笑 私は1度、多く見積もられたのか、薬が強すぎた事がありました。ともかく、身長を測ったのは高校生以来で、ちょっと新鮮な気持ちになりました。(体重は家でも測っていました。)

・かる~くレントゲンを取る。
フィンランドでは、放射線の影響があるからと若い人のレントゲン撮影は憚られます。盲腸になった時は、「盲腸かわからない」とかなり待たされたので、そんな事言ってないでちゃっちゃと撮って確認してくれ!と思いましたが。笑 日本では放射線の影響って、あまり気にしてないのでしょうか?福島の事もあって、考える機会はあるはずなのに…。


15:47 | 日本生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本より 新年度

近頃は、生活面も仕事もルティーンが出来て来て、だんだん慣れてきたなあと感じています。

上手に買い物もできるようになってきて、食べ過ぎたり、食材が余ったりしなくなりました。

前職のパソコンや携帯も職場で使えるようになりました。

4月は、年度制度を実感する事がたくさんありました。

・新しい契約書を頂きました。笑 年度をまたぐ契約書は作れないみたいですね。

・部署(ここでは研究センター)などの顔合わせなどがありました。新年度からではないけど、新人扱いなので、大勢の前で何度も挨拶をさせられました、、。フィンランドでは、日本の新年度のように皆が一同に会する事も無く、入ってくる時期も人によってバラバラなので、この「新人挨拶」なるものには実は馴染みが無く、慣れない行事でした。フィンランドでも部署が集まる機会は年に2回くらいありますが、真面目な話をしてサウナに入る回が一回と、もう一回はクリスマスパーティーです。笑

・新人歓迎会もありました。ここでも挨拶させられました、、。笑 職場には同好会なるものがあるらしく、中高の部活紹介を思い出すような紹介がありました。ただ、一点気になったことが…。そういった運動などが出来る機会を設けるのはは良い事ですが、活動時間が大抵「昼休み」!!1時間しかないのに、部活もやってお昼ご飯も食べないといけないの?!お昼ご飯返上しないにしても、多分別途お昼休憩は取れないので、その活動時間はどうなんだろうと思いました。フィンランドの職場にも、運動なんかが出来る時間はありましたが、午後2、3時からとかガッツリ終業時間内でした。





15:28 | 日本生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本より 機器の扱い

先日のフィンランド気象庁の社内ニュースで、「これからは電子機器(パソコンや携帯)の不具合や故障は国家の修理サービス的なところに委託する」というのがありました。今までも、庁内に電子機器関係のサービスに特化した部署がありましたが、更に国家レベルまで持っていくのかと思ったものです。フィンランド気象庁では、新しいパソコンを買うとか、新しくアカウントを作るとか、パソコンに不具合が出てきたとか、何か特別なソフトを入れたいとか、なーんでもそのサービス部に持っていけば良かったのですが、その一部が別の機関に移るようです。

しかし日本ではうって変わって、機械は個人やグループの研究経費で買っているようで、全部を管轄している部署はないようです。機械に問題があった場合、自分たちで直す…! 就業時間が増える要因の一つな気がします。苦笑
03:13 | 日本生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本より 生活面

日本での生活は慣れたような慣れないような。頭で理解している事と、体での感覚がズレていて、時差ボケじゃないけど変な感じです。

例えば…

・朝が明るい、夜が暗い。
朝も夜も暗い日や、朝も夜も明るい日に慣れていたので、朝は明るいのに夜は暗いというのがちょっと時差ボケをしているような感じになります。時間の感覚が微妙に分からない。その微妙さ加減は上手く説明できないのですが…。季節と日照時間が合わないというか。 一日の寒暖差にもまだまだ慣れないし。。

・眩しい
フィンランドの感覚だと、今の季節の太陽の高さは夏に匹敵するんです。太陽が高いということは眩しいということ。この日中の眩しさには目がまだ慣れておらず、目が開けられません。サングラス必須です。

それから室内の蛍光灯づくしにも慣れません。フィンランドでも暗い派なので、日本では余計に…。頭の上や目にはいるところに蛍光灯がピカピカしているのがストレスです。同部屋の人には申し訳ないと思いながら、頭上の蛍光灯だけは消させてもらってます。一人の時はそれこそ真っ暗に近いので、傍から見たら滑稽な環境で仕事をしているように見えるのでしょうね。パソコンの画面も暗くして使っているし…。

昔はフィンランド人がロウソクの火で本を読むと聞いて、そんな馬鹿なと思ったものですが、今では納得。まだロウソクで本は読めませんが、そのうち習得できる気がします。笑

あとはやっぱり宣伝の看板。夜など、そんなところは眩しく光らなくていいから、真っ暗な十字路を照らして欲しいと思ってしまいます…。

・雨
雨が振ります。傘が必要なぐらいの雨が。フィンランドでも雨季には傘が必要なぐらい雨が振りますが、普段は…なんというか帽子とかフードで間に合ってしまう程度の雨なので、こんなに雨が降るのかという感じです。道に排水口が必要なのも納得です。案の定、フィンランドに傘を忘れてきた私ですが、コンビニのビニール傘の優秀なこと。大きくて軽くて丈夫!

・食事
実はまだ、上手く買い物が出来ません。スーパーに寄っても何を買って良いのか分からない。これは不思議に思われるかもしれませんが、おやつでなく食事となると本当に、メニューがそもそも思いつかない。何が自分で作れて、何が簡単で、ということをぱっぱとは思い出せないんです。値段を見ても高いのか安いのか分からないし、野菜やお肉などのパックの大きさもフィンランドとは全然違うので、どれだけ買ったら良いのか、量もよく分からないし。スーパーをぐるぐるぐるぐる周り、一つのコーナーで端から端までじーーーーっと見ながら吟味して…。買い物にとーっても時間がかかります!!涙


13:40 | 日本生活 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑