FC2ブログ

Promootio 2日目 礼拝

式典が終わると、みなで列をなして礼拝へ向かいます。

友達の旦那さんが撮った写真を拝借するとこんな感じ。(写真は帰り道ですが)
DSC00015 (1)

適当ですが二人一列になって式典の場所(奥の建物)から礼拝場へ向かいます。この時、建物から出たら、メディアや観光客、それから式典に参加しなかったご家族などがカメラを構えて待っていました。なんだか、出待ちされるアイドルの気分です。笑

あいにく晴天というわけには行きませんでしたが、雨は降っていなかったので帽子は濡れずに済みました。でも朝はひどい雨が降っていて、午前中はずっと雨だったので、全員分傘を用意していたようです。もちろん真っ黒な傘!!笑

礼拝はふた種類。教会(ヘルシンキ大聖堂)での宗教的なものと、大学の別の部屋での非宗教的のもの。人数的には半々ぐらいなのかな…という感じでした。

私は非主教的な方に行ったので、教会での礼拝はどういうものなのかわかりませんが、想像するに牧師さんのありがたいお言葉と聖歌を歌うのかなと。

非宗教的な方は、先生(教授)からのありがたいお言葉とアコーディオンの演奏でした。プロのアコーディオン奏者の人がアイルランド、フランス、フィンランドの曲とかそれぞれの曲調を混ぜたものとか、3曲だったかな、弾いてくれました。音楽なんてないと思っていたので、とても嬉しかったです。

ちなみに、儀式から礼拝までの間、休憩などというものはなく、相変わらず携帯もないままなので自分で撮った写真がありません。後ほどプロの写真のリンクをまとめてあげようと思います。


礼拝の時間はおよそ小一時間というところでしょうか。一旦、大学に戻って紙の証書をもらって解散でした。紙の証書はさすがフィンランド、なんの変哲もない印刷紙でした。笑 (証書は自分で取りに行く方針です。名前を呼んで一人一人配るなんてことはなく、会議とかイベントで名前を書いたバッジをもらいに行く感じ。笑)
IMG_20191006_213108_905.jpg


ともかく、これで一通り重要な儀式の終わりです。






スポンサーサイト



20:36 | Promootio | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Promootio 2日目 式典

さて、ついに本番がやってきました…!

二日目は朝7時にまず友達の家に集合し、朝ごはんとヘアメイクを済ませ、9時過ぎに会場へ。

着いたら、荷物を預けてトイレを済ませます。この時、手には何も持てません。カバンもなし。ポケットにチョコレートは仕込んだけれど(笑)、携帯も鳴ったら嫌だしどうせ見れないからと預けました。

照片 2019-5-24 上午9 22 20
真っ黒くろ黒すけ。まだ帽子も剣もないので、変な感じ。

列に並んだら、服装チェックを受けます。男性陣はタキシードなので、普段ならポケットチーフを見せるものですが、この日ばかりは仕舞うそう。注意を受けていた人がちらほら。

式典開始は10時。ドキドキしながら入場!

進行役およびアイテム(笑)を渡す係の人(偉い人です!)からのありがたいお言葉から始まります。進行は基本的にはフィンランド語、でも式典は何語から始まったでしょう?

…そう、ラテン語です!さすがヨーロッパ。


プロモーションを受けるのは、ジュビリー修士、若い修士、名誉博士、ジュビリー博士、若い博士の順番です。

ジュビリー修士・博士と名誉博士は名前を呼んでもらって、一人ずつアイテムを貰います。若い修士・博士は名前も呼ばれないし、基本的にはただ音楽に合わせて順番にもらっていくだけです。

式典の全容は下記の動画から見れますが、個人的に面白かったのは、若い修士・博士と教授とのやりとり。それぞれの代表男女2名に対して、教授から科学の哲学について質問をされます。科学技術とは自然界にとって良いものなのかとか、遺伝子操作の是非についてとか。簡単にYes/Noで答えられる質問ですが、もちろん回答としては自分の意見に対して肯定・否定双方からの観点を入れて、論理を組みたてたものを作ります(質問は事前に分かっています)。また、教授からの質問は基本的にはスウェーデン語で、回答をスウェーデン語でしていた人も。このあたりはとてもフィンランドっぽく、スウェーデン語が学術および上級社会で使われていた名残がみれました。この教授とのやりとりはもちろんパフォーマンスですが、教授には回答によっては不合格とする権利があるそう。博士の最終口頭試験と同じですね。

それから、音楽にシベリウスが満載で、中でもアンダンテフェスティーボが流れていたのが嬉しかったです。とても好きな曲で、このPromootioの為にシベリウスが作ったと言われています。


式典中はもちろん写真撮影などできなかったのですが、動画から切り取ったものを。
Screenshot from 2019-05-28 16-15-03

Screenshot from 2019-05-28 16-15-08

Screenshot from 2019-05-28 16-28-08

ふふ、これで正式に帽子をかぶって、帯剣して街を歩けます…!!



以下、式典の全容です。3時間10分あります。笑

https://www.helsinki.fi/fi/unitube/video/21165

お時間のある方は是非最初からゆっくりご覧になってみてください。最初の入場は全員で、1時間35分ごろに修士から博士に変わります。私の出番は最後の方、2時間36分ごろからです。
20:11 | Promootio | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Promootio 1日目 写真

初日のドレス写真集です!

お友達と無理に合わせたわけではありませんが、みんなシフォンの淡い系のドレスで、3人でいると姉妹みたいで可愛いと評判でした。笑

IMG_20190523_164443.jpg

IMG_20190523_170032.jpg

IMG_20190523_165121.jpg

IMG_20190523_170249 (1)

IMG_20190523_165221.jpg

20:26 | Promootio | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Promootio 1日目②研磨のディナー

前回は1日目の式典の練習についてお話ししました。今回は同じ日の研磨のディナーについて。

式典とディナーの間には、学長のレセプション(シャンパン1杯飲む程度)がありました。しかし、人数が多くて部屋に入りきらず、学長の有難いお言葉はほとんど聞けませんでした。笑 

研磨のディナーは午後6時から。市内のパーティー会場へ、また大量の荷物を持って移動。ピンヒールで石垣の道を歩く大変さと言ったら…笑

着いて、席をみつけてちょっと感動。

IMG_20190523_185649.jpg
帽子とエンブレムを中心にして二本の剣がバッテンになるようになモチーフ。そう、まさに、剣を買おうかどうしようか悩んでいた時に母が言っていた飾り方!!剣はこうして飾るのが正式らしいです。このために50年後、もう一度出席して剣を貰わなければいけないのです。笑

この日のディナーは、博士と修士は分かれて行いましたが、他の行事はみんな一緒。なので、このモチーフが見れたのはこの日だけでした。

予定を見たときは、実際は何をするのか予想もつかないディナーでしたが、メインはもちろん「研磨の儀式」。その他はスピーチや歌を聞いたりしていました。

スピーチは多言語で行われましたが、一つの言語から直訳しているわけではなく、スピーチ全体の中の段落とか話の流れの変わり目とかで言葉を変えている感じ。分からない言語が挟まると(スウェーデン語とかロシア語とかフランス語とか)そこだけ内容が抜けるので変な感じがするのですが、全部わかる人に同じ話を何回もすることにならないのので良いなとも思いました。多言語文化のフィンランドならではですね。

研磨の儀式も面白かったです。

IMG_20190523_202203.jpg
儀式で使ったのはこの研磨機(手動)。実際には研磨はせず、少し浮かせて剣にシャンパンをかけるというものでした。

IMG_20190523_201619.jpg
ちょっと見にくいですが、後ろを向いて立っている人が剣を持っていて、その隣の方がシャンパンをかけ、青い服の女性が研磨機を回す、という具合です。

もちろん、参加者全員がやるわけではなく、代表者数名(5、6人)のみ。抽選…というわけではなく、スピーチをした方々のみの特権でした。


ディナーのメニューは3コース(+飲み物)。味はまぁまぁ美味しかったのですが、それよりも何よりも段取りが気になりました。研磨の儀式が終わったのが8時15分ごろなのですが、その後「45分間の休憩」を挟んで、メインコースにたどりついたのが午後9時という…。スピーチの時にトイレに行っても構わないし、お腹も空いていたので、正直休憩時間はいらないと思ってしまいました。笑

IMG_20190523_192024.jpg
前菜:チーズとサラダ。チーズはクリームチーズとソフトチーズの間みたいな感じ。

IMG_20190523_212601.jpg
メイン:サーモンとカリフラワー。友達の一人は、前日の昼も、前日の夜も、当日の昼もサーモンを食べていて、4食連続だったので流石に飽きたと言っていました。笑

IMG_20190523_221943.jpg
デザート:チョコレートムースとラズベリー。この日の中で一番美味しかったかも。


次はこの日の写真撮影から。ドレスの全身ショット、お楽しみに〜。


08:00 | Promootio | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Promootio 1日目①リハーサル

さて、余談を挟んでしまいましたがそれぞれの日の様子について書いていきます!

1日目は式典の練習と研磨のディナー。

大学のメインビルに卒業・終了式などを行う会場があり、そこに15時に集合とのこと。リハからディナーの間に着替える時間はないのでドレスでリハへ。

本当ならゆっくり家で準備をしたかったのですが、外せない会議が12時まであり、職場の更衣室でやることに。

職場から会場までは約30分。会議の後にお昼を食べるとして、準備時間は2時間くらい。私一人なら余裕ですが…今回は、同僚と友達と3人で一緒に参加しており、私は3人分のヘアセット係だったのです…!2人分+自分の準備となると(プロでもないし)2時間はキツイ…!友達の髪で遊ぶのは楽しかったけど、このPromotioの間、ずっと慌ただしく準備していました。笑

IMG_20190523_144632.jpg
道中。とにかく荷物が多い。帽子に剣に服にメイクに髪に靴に…。

なんとかギリギリセーフで辿り着き、大量の手荷物を預けて会場へ。リハーサルと言っても並び方と動線を確認するだけ。でもなんだろう、説明も分かりにくいし、みんな混乱してるし、難しそう…?!実際の動きはとても簡単で、基本的には名前順に並ぶだけなのに。日本みたいに運動会や入生卒式で鍛えないから?(笑)

IMG_20190523_150746.jpg
説明中。スクリーンあるのに上手く使えてなかった。

とにかく、一通り説明を聞いて一回通して(ダンスの時と一緒…!)、なんとか出入り等の要領をつかみ、リハーサルは終了。

そして、帽子と剣を預けました。名前順に並べて、明日へ…。これだけ並ぶと壮観です。
照片 2019-5-23 下午4 33 47

明日の予定等についても説明を受けましたが、こんな注意がありました…

「朝ごはんはしっかり食べてくるように」
「基本的には立ってなければいけないが、どうしても気分が悪くなったら空いてる椅子に座って良い」
「角砂糖と水を置いておくから、取れる時に(こっそり)取りなさい」
「ポケットにおやつを仕込んでおくように」

そんなに過酷な式典なのか…不安がよぎります。




-------おまけ-------
IMG_20190523_151612.jpg
オフショット。今回一緒に参加した子たちと。

IMG_20190523_151834.jpg
この格好でも帽子をかぶってみました。が、イマイチ決まりませんね笑


19:40 | Promootio | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑